生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

暖冬

暖冬の影響か、クリスマス週向けに播種している路地のレタス類やスピナッチが、10日以上早く成長しています。

路地も使って播種している生産者は、1月・2月も出荷できるように播種日の間隔をあけて播種しており、クリスマス週は暖冬でもどこかの圃場があたるように工夫しております。

ただし、暖冬の場合は先出になるため、1月末から2月に出荷されるべきベビーリーフが少ない可能性が出てきました。他の野菜も一緒でこのままいけば前倒しで野菜が出てきます。そうすると必然的に端境がおこります。その端境期に当たるのが1月末から2月ということです。

丹波野菜工房としましては、11月いっぱいまで路地の播種を行い、ハウス(昨年より5反増えている)の播種は通常通り播種を行い、できるだけは端境を作らないように努めてまいります。

今週来週の播種が端境期を作るかどうかを決める大事な週になります。といっても急激に寒くなればなったで端境は起こりますが、この時期の播種は一年で一番難しいです。