生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

板挟み

台風10号以後、熊本のベビーリーフの出荷は減ったままです。

原因は、お盆以後の天気が梅雨のような状況で一枚一枚の葉の重さが軽く、重量が出ない。大きな圃場を持った生産者がもっと播種をしてくれれば圃場の広さでカバーできるのでしょうが、もしもの話ですが、気候が回復していれば発注以上に生産できますので、蒔き込んだ分は、鋤き込むしかありません。

最近生産者は、蒔き込むことをあまりしなくなりました。理由は、種子が4年ほど前より、高くなったことが原因です。アイテムによっては2倍以上値上がりしているからです。

売り上げに占める種子の割合が、2割以上になってくると経営が苦しくなる。そこに資材、運送費、人件費の値上がりと経費が膨らみ生産者の利益が出ない状況に陥りつつあります。

販売側からすると発注数量を出荷してもらわなければ、商売が伸びない、特に品薄の時こそ生産者さん達で工夫して出荷していただき、今後の販売に繋げたいと思う気持ちは当たり前のことで、私も数年前まで営業もしていたこともあり、販売側の気持ちは痛いほどわかります。

また。逆の場合もあります。販売不振の時には一時的に荷をストップしたり、減産をお願いいたします。

どちらにしても間に入っているのは私です。板挟みの状態が毎日続いているので気が重く、8月に入ってからこの状態がずっと続いております。

私が、晴れ男であれば一週間ほ熊本に滞在するのですが・・・・・

「どうか熊本県が今週、来週と晴れますように神様お願いいたします。」

 

ちなみに9月14日に人間ドックの予約を取りました。