生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

ハウスと路地

ハウス栽培と露地栽培の生育を比べてみました。

11月15日播種のミブナ

f:id:MVM:20191226184508j:plain  f:id:MVM:20191226184631j:plain

大きいところで6㎝平均して5cm 収穫まであと20日前後かかると思います。

ハウス 播種11月18日 ミブナ

f:id:MVM:20191226184939j:plain

10㎝超えているので今週中に収穫、収穫では8~10㎝の大きさで行います。

路地とハウスでは20日以上の生育の差が出てきます。尚且つ路地の場合は霜や凍るリスクがあるので品質に相当の違いが出てくる可能性があります。

通常アブラナ科は夏場早い品種で2週間で収穫、遅くても3週間、しかし冬場のアブラナ科は収穫まで4週間以上、ふだんそうに至っては8週間(約2か月)以上収穫までかかります。

そこで冬場は、路地を活用します。

もし、昔みたいに大きな寒波が12月初めに来たらクリスマス週の入荷は半減、欠品だらけになってしまします。生産者さんにとっては大きな博打を打つことになります。

極端に言えば0か100 生産者も当社も売り上げ収益とも大きな損害を被ります。

今年は上手くいきましたが来年はと聞かれると、・・・・・

今日から年末年始の販売数量と入荷数量を営業の方ですり合わせ、担当者がオーダーを入れております。 決まり文句ですが、1年は早いですね。