生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

台風19号

台風19号が九州に接近しており、昨日の段階では、本日より熊本の生産者はハウスのビニールをはぐ予定でしたが台風の進路が西にずれてきたため、明日の進路を確認してから決めるとのことにしたようです。

熊本で生産者会議を開くようになって、生産者同士が連絡を取りあうようになったので、はぐのであれば熊本のすべての契約農家がビニールをはぎます。

剥いでしまうともとに戻るのに約一か月かかり、その間生産者は収入がありません。。私の出来ることは祈ることしかありません。せめて「あと50km西にずれて」ください。神様がいるならよろしくお願いいたします。

新たに台風20号が発生しました。この台風も相当ヤバイやつです。場合によっては近畿に上陸してから北上すると、当然大きな被害をもたらすでしょう。

今年はどれだけの台風が日本を襲うのでしょうか、自分の身は自分で守るしかありません。備えだけはしっかりしておきましょう。

不死身の男

嫁が法事で田舎に帰り、一緒に住んでいる娘は飲み会で外出、夕食はおふくろと二人、作っても味気ないので嫁に行った娘を誘い、友達が営んでいる飲食店『浪速料理新』で食事をしました。

おふくろも娘も出される料理を美味しいといって話も弾み、楽しいひと時を過ごさせていただきました。新ちゃんありがとう。

店には中学時代の友達K君がきており、久しぶりに彼と会いました。仲間内で彼は「運がいい男、」「不死身の男」と呼ばれております。

K君は高血圧から始まり糖尿病、脚気、痔(これは余分か)を慢性的に患っており、2年前には大腸がん、無事に手術も成功し生還、そして今年、脳梗塞で倒れ、発見が早かったせいで無事生還、そうです。脳梗塞後初めてK君と会ったのです。

K君は普段と変わらず陽気に彼女や友達と話をしており、見た目も別にやつれた様子もなくまったく倒れる前と変わらない様子に私としては一安心です。

皆さんにとってどうでもいい話ですが、年を取るということは病気のリスクが年々高くなっていくということ、みんながみんなK君みたいに運が良いわけではなく、自分で気をつけるしかないのです。 

最近は、体がきついと感じたら許す限り休みを取るようにしております。

みなさっも休養は大事です。休む勇気を持ちましょう。

同級生

昨日から来週水曜日まで休みを頂いております。

久しぶりに中学の同級生がやっているスナックに行き、友達や友達の同級生たちと話をしていると、よっぽど楽しかったのか、酒に弱い私がウイスキーのロック3杯と水割り1杯を飲んでいました。ママは私が酒に弱いことは知っているので、グラスが空になると「まだいける」という顔をするので、お代わりをお願いしていたのですが、途中からママが気を利かしてくれ、グラスは水だけになっていました。

どんな話をしていたか、見事に店は還暦を迎えた人たちばかり、私を入れて男4人女2人、想像がつくと思いますが、下ネタ連発(20代の人達が聞くとすごく勉強になったと思います。なんせ経験豊富な昔若かった女性たちの性の本音が無料で聞けるのです。)

親の介護の話(同窓会でもそうですが、必ずこの話は出てきます。50代から60代の年代の方は、2人に1人は抱えている問題ではないでしょうか、)

女性の化粧の話(女性はいつまでも綺麗にしていなけれがならないと女の人が言うのですが、ある男が「俺はスッピンの方がいいけど」というと、女性達から猛反発を受けて、謝っておりました。そこで、嫁の話をしなかったのですが、嫁は私といるときはほとんど化粧をしません。私と外に出るときもです。私は男とみられてないみたいですね。『男を磨かなければ』もう遅いかも)

猛烈に眠たくなったので先に店を出て、家につき横になった瞬間夢の中、ブログもかかずに、

たまにしかいけませんが、安らげる場所があるのはいいですね。皆さんにも安らげる場所はありますか?

収穫作業

何年振りかで収穫作業をしました。

本日の作業員が少なかったことや今収穫しているハウスが新しいハウスの為、雑草が多く、特にアルグラ(ハーブの一種)はウイリーを探せではないですが、雑草の中からベビーを探す状態、その中でもベテランの方たちはそれなりに収量をあげているのに、それに比べてわたしの収穫量は、皆さんの半分も満たないと思います。

今日は、曇りで日も照っていなかったのでハウス内の暑さはましでしたが、収穫作業に入る前、朝早くから3時間ほど黒豆の追肥しながら雑草を取っていたので、足腰が弱っている所で作業に入ったので、正直きつかったです。

でも、作業している方々は、暑い日も寒い日も雑草が多い日もはげ山のような状態でも作業を続けておられるのです。 仕事とはいえ「本当にご苦労様」と声を大にしていいたです。これからもよろしくお願いいたします。

黒豆の話は後日アップしたいと思います。

f:id:MVM:20180816195031j:plain

この写真は、3日前の写真ですが、収穫風景です。よく見ていただくと分かりますが、雑草がびっしりです。

台風15号の影響か今日は風もあり、昨日に比べて相当涼しく感じます。

作業員の方に言わせると、湿度が高いのでハウス内はましという程度らしいです。それと少量の雨が降ったのですが、ハウス内ではよけいに蒸して暑く感じるとのこと、

ファン付き作業着も蒸した空気が入って来るので涼しくなく、ファンのレベルをあげなければ汗が引かないそうです。大変です。わがままな話ですが、こうゆうときはある程度まとまって雨さん降ってください。

農業には風が重要な役割を果たします。(自然に起こるものはすべて役割があります。)今、稲の穂が大きく育ち固くなっていく過程です。風は稲穂を大きく揺らしますが、この刺激が稲自体の免疫力を高めて病気に罹りにくします。植物はすべてそうらしいです。手でさすって上げただけで効果があります。

ふと思ったのですが、人間はどうか? お母さんやお父さんが子供の頭を撫でてあげたり、手をさすってあげたりすることで免疫力は上がるのでしょうか、

おとなも彼女、彼氏、夫、嫁などに優しくボディータッチ(いやらしい意味でなく労いの意味で)をしてもらうと免疫力が上がるのでしょうか?

誰か研究しているでしょうね!

f:id:MVM:20180815100327j:plain

9月初めから9月半ばの収穫です。

手伝い

お盆期間中どうしても作業する方もお忙しいので人手が減ります。

13日が一番少なかったのですが、私は、試験棟の整備と黒豆を栽培している圃場の草刈りで午前中が終わってしまい手伝いをすることが出来ませんでした。

本日は、社長に作業を手伝うからと申し入れたところ、まだ、マルチをしていない圃場の草刈りを頼まれ、午前中はその作業にあたっていたのですが、日差しがきつく、途中右耳が焼けるように痛くなり、用水路の水で冷やしました。

朝方は曇っていて暑さもそれほどでもなかったのですが、日が照りだしてから地獄、「いつにおなったら暑さがましになるねん」と独り言をいう始末、事務所からは遠い場所だったので、行きは送ってもらったのですが、作業が終わって草刈り機をもって歩き出すと心臓がバクバク、ヤバイと思いながら歩いていると、若手のY君が飲み水と顔を洗えるようにバケツに水を入れタオルまで用意して様子を見に来てくれました。Y君ありがとう。うれしかったです。助かりました。

この暑さの中、作業員はハウス内で作業をしております。私より歳が上の方もおられ心配ですが、皆さんタフです。

7月末より、作業員全員に作業服の中に風を送る機会が付いた作業服を配布、少しでも涼しくと会社側が用意しました。

f:id:MVM:20180814172036j:plain

モデルの人は細いのですが、空気が入っているため、少し太めに見えます。

f:id:MVM:20180814172213j:plain

後ろのファンから空気が送り込まれます。多少は涼しいようです。ただ、外の空気も暑いので作業の初めはいいのですが、気温が上がってくると熱風が体の中に入って来る感じの時があるそうです。

いろいろと工夫をして皆さんがっばっています。

仕草(動き)

昨日、同僚のお母さまが亡くなりその通夜に行ってまいりました。

長く闘病生活を送っておられたのですが、残念です。ご冥福をお祈り申し上げます。

私は、葬儀や結婚式、レセプションなどに参加した時やレストランや居酒屋などに行ったと時などは、そこのスタッフの動きが気になります。その所作で会場やお店の質を見てしまうのです。(居酒屋は、元気と笑顔が一番大事です。)

葬儀場や結婚式場でのスタッフの動きはほとんど変わりませんが、顔の表情、結婚式場のスタッフは微笑みを絶やしませんが、葬儀場のスタッフは無表情です。当然でが、

良いスタッフは、会場全体をよく見ており、その時々で素早く動いているのですが、急いでいる様子はなく、動き自体を優雅に見せるのです。このようなスタッフがいる式場や会場は居心地がいいのは皆さん経験済みだと思います。

会社も一緒ですね、訪問客がここに「もう少しいたい」と思えるような会社は、良い会社と言えるのではないでしょうか、