生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

久々の在宅

コロナの感染者の増加で、出社人数の割合を4割に抑えると会社が方針を出した。

ことから私も在宅勤務を最低でも週1回はできれば2回にすることに、早速、今日は在宅勤務に、正直私の仕事から言えば在宅は不向きだと思うのですが、考えました。と言うよりデーター分析、現場や圃場の一般衛生管理や労働安全についてのリスク評価と対策の作成と見直しぐらいしかできません。(ごめんなさい。以前のブログでも書いております。)

そこで、データーは1週間貯めて在宅の時に分析を行う。根拠は、今日は、18日までのデーター分析ですが、半分ぐらいしかできていないからです。

とにかく、いかに在宅勤務を増やすか、まん延防止等重要処置の間ですが、在宅で出来る仕事はすべて在宅にする。

仕事は自分の部屋のこたつでしているのですが、やってしまいました。

昼飯を食って、コーヒーを入れて、こたつの上に置き、少し横になろうとしてパソコンンの電源の線を引っ張ってしまい、コーヒーカップが引っかかり倒れていくのがスローモーションのように目に入ったのですが、自分も横に体を傾けている時だったので手を伸ばしたのですが、あと一歩間に合わず。

こたつにおいてある書類やこたつ布団にコーヒーが容赦なく濡らしてしまいました。

必死でクロスタオルや雑巾で拭きとったのですが、特にこたつ布団は雑巾に水を含ませんて処置をしましたが、・・・・・

子供かと怒られるの目に見えているので内緒です。いつかばれると思いますが、

 

 

マスク

兵庫県もこのまま行けば「まん延防止等重点措置」がととられると思い友達の店をはしご、

先ずは鉄板焼きのお店、彼女は感染力の強いオミクロン株が怖いので「まん防が出たら感染が怖いから店を休む」と言ってました。

仕入の関係で本当は金曜日にまん防が出たら仕込みがちょうど使いきれて廃棄を出さずに済んだのに、来週になるとまた仕入れをしなめればならない。やるんやったら早よ出してほしいわ、それでなくてもお客さんけいへんのに」と言ってましたが、

私も早く鎮静化させれば、早く店が開けられるし顧客も戻ってくと考えていて、病棟の使用率がと言ってる場合かと思っており、そう考えるの私だけではないと思います。

それからいつもは昼に行く喫茶店にいって話をしたらやはり同じ意見で、「出すんやったら早よ出せよ」同じ意見、

それからスナックに(今までの店すべて中学の同級の店、)ここでも同じ意見、やはり顧客が減っていると言っていたので、ちなみに客は私一人、

どの店も感染対策はちゃんとしているのに、それでも感染力が強いと言われると店には来ません。

ちなもに私は会社がマスクをしながら食事ができるマスクを用意してくれており、自由に使うことが出来るので初めてそのマスクを使用しました。

    f:id:MVM:20220119214128j:plain      f:id:MVM:20220119214157j:plain

初めての自撮りで恥ずかしいのでが、向かって左が会話する時の状態、右が食事をする時のマスクの状態、要は、マスクのしたが半分めくれ上がるようになっていて、口に食べ物を入れた後、降ろすと左の状態になり、そのまま話が出来るようなマスクです。

3つの店ともにこのマスクをして一回もマスクを外しませんでした。感染したらシャレにもならないので、試した結果、余りストレス感じることはなったのですが、マスクをして食事する異常な行為に違和感を覚えたのは確かです。

しかし、慣れだと思うので外で友達と食事をしながら話をするのであれば使用した方が言いでようね。出すんだたら「まん延防止等重点措置」をはよ出してくだい、お願いいたします。

 

全然だめだぁ~

今日は会議やセミナーと忙しい日でしたが、有意義な一日にもなりました。

午前中の会議で、自分が提出した2021年度の品質目標に関して、それなりに近いところまで達成しておりますが、ダメです。

要は、仕事をする上で自分が挙げた品質目標を意識することがいかに大事か、意識していれば気が付く事や目標に向かっての改善を絶えず行っているはずです。

それなりには、それなりの成果しか上がらないと言うことです。

一応、会議の席では良い評価を頂きましたが、自分の中では全然できていなかったと思うので、これからは目標を絶えず意識することとします。(いまさらと言われそうですが)

夕方にHACCPトレーナーの広場に参加、ここでも参加している方たちの発言を聞いていいると自分が恥ずかしくなり、またまた「だめだぁ~」

2ヶ月に一回の開催で、毎回何人かの自己紹介をいたします。

その一人が言った言葉でまたまた、俺は「だめだぁ~」と思ってしまいました。その人は「人に教えると言うことは、自分が抜きんでた知識を持っていなければならない」と言ったんです。当たり前のことですが、アップデートしていない自分が情けなくなりました。

しかし、これからアップデートする努力をすればいいだけで、落ち込んでいる暇はありません。次の開催までには、最低参加するに値るくらいの知識を持って参加いたします。

反省だらけの一日でした。ご苦労さま、

あれから27年

阪神淡路大震災、発生から27年を迎えました。

地震が起こった日の事は一生忘れることはないでしょう。あの朝、体が跳ねるような縦揺れとその後の強い横揺れ、いつまで続くのかと思ったほど長く感じたことはありません。

家から近い湊川2丁目付近は火災で建物がほぼ消失、家の近くまで火の粉が飛んでくるくらいで、幸い私の家は火災を免れましたが友達や後輩の家は焼けてしまいました。

昨日のように思い出されます。

ご家族や親族、親しい人が亡くなられた方々にとっては、つらい一日です。でも忘れてはいけない一日、この日は我が家ではストックしている缶詰を頂くことにしており、昨年結婚した次女の所も夕食は缶詰にするそうです。そして新しい缶詰を補充する。

必ず来る災害に備える日でもあるとともに、生きているだけで幸せを実感できる日でもあります。

ガスがなかなか通らず遠くのお風呂さんに家族でいった時、ジュースを子供たちと代わりばんこに飲んだ帰り道に感じた幸せな気持ちは、あれから27年たった今もあの時以上の幸せを感じたことはありません。

改めて彼女を大切にしようと思いました。(しらじらしいと彼女から言われそうですが)

    f:id:MVM:20220117203303j:plain

   賞味期限が切れているものもありましたが、美味しくいただきました。

    f:id:MVM:20220117203423j:plain

    いつもの朝の風景、

 

思春期の悩み

久しぶりに本を読みました。

『何もかも憂鬱な夜に』中村文則著、刑務官の主人公が、二人の夫婦を殺害して死刑の判決が出ている18歳の青年と向き合い。と同時に自分という存在に向き合うという内容、(詳しくは本を読んでください。)

彼も青年も養護施設で育た境遇、彼には子供たちをいい方向に導いてくれた施設長がいた。

彼は子供たちに、世にいう名作と言う本、優れた音楽や芸術に触れさせ感想を語らせた。

主人公が自分には合わないというような主旨の事を言うと施設長が言った言葉に共感しました。

「自分の好みや狭い了見で作品を簡単に判断するな、自分の判断で物語を作るのではなく自分の了見と物語を使て広げる努力をした方がいい。そうでないとお前の幅が広がらない。」

「自分以外の人間が考えたことを味わって自分でも考えろ」あの人は、僕達によくそういった「考えることで人間はどのようにでもなることができる。世界に何の意味もなかったとしても自分で作りだすことが出来る」

私の話をして申し訳ありませんが、思春期の悩みはこの本で書かれていることとほぼ同じ、自殺を考えたことはないですが、以前にも書いたように私は勉強もできず暴力的な性格でいつも劣等感を持っている人間(今もそうですが)そんな私が結婚し子供を社会にだし、孫がいる。

転機は、中学の時にブラスバンド部に途中から入部してからです。周りの同級生や先輩は成績優秀な人達、そこで余計に劣等感にさらされましたが、クラッシクに触れ今まで付き合っていた人たちとは、変な言い方ですが、生き方の違う人達から刺激を受けました。そして今の私がいます。と言ってもそれ以前に付き合ていた人たちともいまだに仲はいいです。

話は、またまたそれましたが、

彼は、控訴をしないという青年に控訴するようにすすめます。たとえ死刑が覆られなくても殺人を犯したいきさつを真実を話すべきだと、そして施設長がしてくれたように知らないことを青年に教える。そして最後まで面倒を見ると青年に向かって話をします。

その後どうなったか、本をお読みください。

 

 

 

ご褒美に靴

昨年一年間頑張ってきた自分に対して、年明け靴を買うと決めていました。

靴ひも買いに元町のリーガルショップへ散歩がてらに行った際、本来はヨネックスのウオーキングシューズを買うつもりでいたのですが、(ごめんんさい、靴はリーガルと決めていると以前書きましたが、1回だけヨネックスの靴を買って履いたらすごく足になじんだので、優柔不断な私です)

この時期はどこもセールを開催しており、型落ちと思われますが一度履いてみることに、リーガルウオーカーシリーズの牛革の靴を履いたのですが、しっくりきません。

目に止まった同じシリーズでセール品ではなかったのですが、鹿革の靴を履いたらなんと足が包まれる柔らかさ、そして軽い、ソウルも滑りにくい工夫がされており、摩耗してもソウルごと変えることが出来ると聞き、正直予算より1万円以上オーバーしましたが、買ってしまいました。

高い買い物になりましたが、やはり自分が履くもの、心地よい物を選びたいですね、これからも、

   

     f:id:MVM:20220115232710j:plain

     早速来週から履くことに、楽しみです。

     

     f:id:MVM:20220115232943j:plain

湊川神社に参拝、結構な人が参拝に訪れていました。みなさん、私と一緒で正月の参拝を避けて本日訪れたと思われます。

 

ASIAGAP2.3の更新審査において認証が認められたので、届いた認証書をコピーして西区の生産者と丹波野菜工房を訪問、

最初に西区に届けて、それから175号線沿いに丹波に来たのですが、途中西脇あたりから雪がちらほら、久しぶりにしっかりと降る雪を見ました。

雪で思い出すのは北海道の契約農家さんにGAP指導に行った折、指導が終わって駅まで送ってもらたのですが、途中、生まれた初めてホワイトアウトに遭遇、(以前ブログで書きました)

運転している人に「怖くないんですか」と聞くと「地元ですからホワイトアウトは何回も経験していますが、やはり怖いですよ。いつ目の前に車が現れるかわからないんで」といわれ、恐怖を感じたのを覚えたおります。

本当に周りは白の世界、ただただ白い、と言うより少し灰色かかった白と言った方がいいかもしれません。

時間にして10分ぐらいでしたが、貴重な体験でした。また話がそれました。

丹波に着くと薄っすらと山が雪景色、すぐ消えてなくなる雪です。明日から寒さも緩むと言っていましたので、収穫には影響がなさそうです。

    f:id:MVM:20220114122256j:plain

 外の気温は11時頃で2度、現在12時を過ぎて、1・2℃高くなっております。

   

    f:id:MVM:20220114174146j:plain

帰りは176号線を通ったのですが、結構雪がありました。素敵な風景だったので車を止めて写真を撮りました。なかなかの風景だと思います。自画自賛ですいません。