生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

umieクリスマスツリー

例年、パーバーランドumieでは、この時期大きなクリスマスツリーが飾られます。しかし、今年はなぜかこじんまりとしたツリー、以前は大きなクリスマスツリーが1体でした。

メインストリートにツリーが3体ほど飾ってあり、奥に少し大きなクリスマスツリーが飾られております。

f:id:MVM:20201129200423j:plain

コロナ渦ということで、派手さがありませんが私は結構好きです。

なぜクリスマスにツリーが飾られるのか所説あるようですが、ハロウインにはかぼちゃ、正月には鏡餅、そしてクリスマスにはツリー、象徴ですかね、

私みたいにそれなりに長く生きていると、ツリーを見るだけでいろんな思い出が浮かんできます。良い思い出、悪い思い出(彼女とのわかればなし、実質ふられたのですが)

皆さんの思い出は、どうでしょうか、

コロナ渦でこそ家族団欒でクリスマスを過ごしたいと思います。まだ20日以上先の話ですが、

牛の大きな絵馬

湊川神社に大きな絵馬が掲げられております。

例年は12月に入ってからですが、今年は早いコロナの終息を願って早く掲げられたようです。新聞にそう書かれておりました。

f:id:MVM:20201128195925j:plain

本当はもっと近くで写真を撮りたかったのですが、参拝者が多くいたので遠慮して遠目からとりました。結構大きな絵馬です。

全世界の人々がコロナの早い終息を願っております。世界中の神様たちが力を合わせて終息させていただきたいものです。私もコロナの終息をお願いいたしました。

その後、ワインを買いにハーバーランドに、その通り道であるデュォ神戸で「おしごと体験」というイベントが行われておりました。この場所で毎週何らかのイベントが行われております。

f:id:MVM:20201128203005j:plain f:id:MVM:20201128203028j:plain

入場制限があり待つのも何だったんで中には入りませんでしたが、皆さん楽しんでおりました。束の間、コロナを忘れて楽しんでいたと思います。言っときますが、会場ではコロナ対策はきっちりとされておりました。当然ですが、

しかし、コロナの感染拡大が続けている現状では、いつ非常事態宣言が出てもおかしくない状況になりつつあります。

後は、自分の身は自分で守るしかありません。来週、福岡、熊本と久しぶりに出張に行きます。基本、事務所ではなく圃場という広いところで話をしますが、予防に関しては徹底したいと思っております。

 

 

 

現場の掃除

毎週火曜日と金曜日は従業員で会社の掃除をする日です。

本日、社長が現場の外周りの掃除当番でした。現場から帰ってきてあまりの汚さに5Sのメンバーを呼んで注意、それでも収まらずそ、れから手の空いている社員全員で現場の外回りの掃除、

社長の言った言葉で、「この状態を放置していたら会社自体がだめになる。」名言です。

私は長年いろんな所で圃場を見てきましたが、整理整頓されている生産者の圃場で作られる作物は、絶対といっていいほど質の高い良い野菜でした。

よく言われるように物作りには作った人の人柄がでます。いい加減なことをするといい加減な物しかできない。至極当たり前の話ですが、

掃除も一緒、自分が働かせて頂いている職場を毎日掃除をするのは、いい仕事をしようという心構えとも言えるのではないでしょうか、

今日から毎日机の掃除を行います。

良い仕事するために、なんか今までろくでもない仕事をしているみたいですが、そんなことはありませんから、あしからず。

インフルエンザ予防接種

会社でインフルエンザの予防接種を受けました。

予防接種は12時45分から、受けた時は別に何ともなく、給湯室でいつものように女の人にセクハラ、いや相手がどう思っているかで変わりますが、楽しく会話をしたりしていたのですが、

15時前ぐらいだったと思いますが、体がだるく熱っぽいと感じたので熱を測っても平熱、ひょっとして「コロナに感染したか」と思った時、予防接種を受けたことを思い出し、なぜか一安心、バカですね。

家に帰っても体がすっきりせず夕食の時にその話をすると、家族みんなで早く寝るようにいわれ、もしそのままインフルエンザに掛かれば、部屋に隔離だと楽しくお話しされてました。

反論するのもしんどいので、さっとお風呂に入って寝ます。

今日は、これにておしまい。

 

家族が激怒

「ブログには、私たちの事は書かない。見たら腹が立つから、」夕食後に娘が私のブログをチェックして激怒、削除を求められ、別に私からしたら悪いことを書いているわけではありませんが、過去のブログを削除、

出来るだけルールを守ってブログを書いておりますが、それでもだめ、ある意味制約が多い方がいいのかもしれませんが、

自分の素直な気持ちをブログに出せないのは残念です。しかし、家族が読んで傷つくのであればやはり控えるべき、家族からしたら「控えるではなく絶対家族に触れない」

やはり私はできるだけにしときます。このブログを家族が読んでまた私に意見をすることでしょう。覚悟をしてます。

f:id:MVM:20201125200118j:plain

従業員の通用口にバラが生けてありました。なんかバラの花に吸い込まれそうです。

癒しになります。Nさんいつもありがとう。

病院の対応

熱はないのですが、咳と鼻水が出るので近くの耳鼻咽喉科に、娘の事ですが、

病院では、症状を当然聞くのです。「咳と鼻水がでます」と言うと「咳が、コロナの症状でもあるよね」と言われ、娘からしたら熱は別になく、体もだるくないのでそこまで言われたら、娘も、看護婦さんに「受診やめて帰りますけど」というと「いやちゃんと診ますので」その後も娘に聞こえるようにコロナの話、

極めつけは、診察も終わり、会計も済んで、病院を出るかでないかで、看護婦さんが娘が座っていた席に除菌液をかけて消毒、娘は二度とあの病院には行かないと、

その耳鼻咽喉科は、今は二代目ですが、先代から親父や私も世話になったので悪い印象はないのですが、ご時世ですね。おしゃべりの看護婦さん、患者の気持ちを考えて話をしていただきたいですね。

特に医師、ちゃんと指導すべきです。もし、咳をしている人があれば、「マスクは診察中もつけてください、先生が診察する時だけ外してください」「手の消毒をお願いします」といった基本的な指導を患者にすべきですし、換気をきちんとして、湿度も60%ぐらいを保つとかしていれば、感染は防げると思います。

看護婦さんにそんな知識がないのか、私もこの病院には行くことはないでしょう。

 

煮小豆、とろけるチーズ、バタートースト

この連休、図書館、神社、花村のパン屋、すべて合わせても2日間で1時間半ほどしか外出しておりません。

以前書きましたが、現場でクラスターを起こさせないと、予防に関して厳しい指導をしている私がコロナに感染するということは許されません。誰も私の言うことを聞かなくなります。

ということで、どうしても街中に行くのを控えてしまいます。行くといても友達の店、それもすいている時間帯、気を使います。

そんな中で休日のお昼は自分でつくっており、今日は煮小豆の缶があったので、買ってきたもちもち食パンにバター、とろけるチーズ、そして煮小豆をのせてトースト、

f:id:MVM:20201123200308j:plain

写真の撮り方が悪く美味しく見えませんが、実はものすごく美味しかったです。

あんこにチーズ、バターの相性が良く口の中に入れた時には当然小豆の甘さが口の中に広がり、その中にかけれてチーズとバターがここにいるぞとかすかに主張している。

一度皆さんも試してください。

結構甘さが口に残るので、その後に食べたカツサンドがお口直しにちょうど良かったです。

最近の休日はいつもこんな感じ、