生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

皆で成長する。

はしれT校バスケット部を読んで感じたこと、

主人公は、中学時代にバスケットで優秀な成績をおさめたすごい選手、高校は推薦で強豪校である私立の学校に進学するが、いじめにあい学校をやめてしまいます。そして公立の学校に転校、主人公はもうバスケットとやめようと思っていたが、熱心にバスケット部に誘われ公式戦で一勝もしたことがないバスケット部に入部、個性的なメンバーや良い先輩に囲まれ本来のバスケットの楽しさを思い出した主人公は、この先輩たちに一勝をさせてあげたいとバスケットを教えるのです。彼の活躍もあり1勝するのですが、2年生になった主人公は、自分でゴールを狙いに行きません。彼は、全体のレベルを上げて自分だけではなく全員の力で勝利を勝ち取ることを目指して練習や試合に臨みます。そしていじめを受けた私立の強豪を破り優勝、良くある話ですが、

この小説から学んだところは、自分の力だけでなくみんなの力で勝つことに意味があるという所、そしてリーダーはメンバー全員が仕事ができるように動く事に重要度を置き、最後に自分、本来のリーダー像を人公から改めて復讐させていただきました。今、映画も公開されているようですが、申し訳ありませんが、本をよんでください。

走れ!T校バスケット部 (幻冬舎文庫)