生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

マルチシート

この時期、空いている路地にマルチをします。

この時期になぜマルチを張るのか、クリスマスシーズンは、顧客より通常の倍近く発注が上がります。

秋から冬にかけて気温が下がり、栽培日数も長くかかる為に圃場がたりません。それを補うのが路地で、どこの契約農家さんも冬場はハウスと路地栽培も行います。路地には10月から11月初めにかけてレタス類を中心に播種します。

近年、台風などで9月・10月の雨が多く、なかなか田圃や畑を耕運することが出来ずに播種が遅れ、クリスマス週に間に合わない(気温の問題もありますが)ことがあります。2年前より、丹波でもマルチをしていつでも播種できる準備をしております。

もう一つの利点は、マルチをすることによって雑草対策にもなります。丹波は透明のマルチシートを使用しており、雑草を何回か発芽させ枯らすことによって軽減させるのです。その為には条件があって、マルチをする土壌には多少水分があることです。

f:id:MVM:20180811071924j:plain

社長が作業をしております。

f:id:MVM:20180811072031j:plain

この子は今年1月に入社した25歳の若手です。この作業が一日中続きます。がんばれ!

f:id:MVM:20180811072335j:plain

別の日に作業した田圃、3反ほどです。

昨年よりマルチをする路地を倍近く増やして、冬場の準備をしていきます。

大きな台風や局地的な大雨でシートが捲れて飛んだり、浸水することがあるため、油断はできません。

生産者の方々は色んな状況を考えて準備をしております。それでも報われないことがあるのです。

仕事とはいえ頭が下がる思いです。