生産管理課 三宅基之のブログ

エム・ヴイ・エム商事株式会社  生産管理課 三宅基之の毎日ブログ

木下大サーカス

世界的なサーカス劇団『シルク・ドゥ・ソレイユ』が破産宣告をしました。

コロナの影響です。エンターテインメントに関わる人々だけが苦しいわけではありません、観光業、飲食業、交通関係、まだまだありますが、みんなさん苦しい思いをしております。何とか生き残るために知恵を絞り協力し合ってこの難局に立ち向かっております。

偶然、朝の番組、何だったか思い出せませんが、木下大サーカスが2か月間の公演中止から7月に再開したことが取り上げられておりました。

中止期間中、団員たちはいろいろと知恵を絞り、節約に努めます。

例えば夏場、テントではクーラーが効きにくいので、テントの屋根に水をかけてクーラーの効きををよくるのですが、水代だけでひと夏何百万と掛かります。それを軽減するために、団員達で水を循環して使えるように循環装置を作ったり、

球体のオリで見せるバイクのショウでは、1シーズン使うと骨組みに亀裂ができるので、業者にメンテンスをお願いしていたのをこの期間中に団員が溶接の免許を取って、自分たちでメンテンスを行うようにしたりと

そして、ファンからの寄付もあり、団員達の誰一人としてやめていただくこともせず、何とか再開にこぎつけたということです。

しかし、「再開しても入場者の制限がありますので経営はまだまだ苦しい状況が続くが、この苦境を乗切る」と経営者が語っていたのには感動しました。

シルク・ドゥ・ソレイユも自力で乗り切る方法はなかったのか、団員のほとんどがレイオフ、クビになりました。素晴らしいサーカス劇団ですのですぐに再生するでしょうが、木下大サーカスを応援したくなしました。

もう50年以上も前に母に連れられ妹と一緒に観た空中ブランコやピエロの道化が面白かったことが昨日のように思い出されます。

今度は、ぜひ孫を連れて観に行きます。